エスノグラフィーを用いたインテリアデザイン

投稿日: カテゴリー: ブログ

Livmoreインテリアデザインサービスは、エスノグラフィーを用い提供することが核になっています。

エスノグラフィーとは
あまり聞きなれない言葉でしょうが、プロダクトデザイナーなどはマーケッティングリサーチに用いた方もいらっしゃると思います。

Livmoreのサービスは、住宅に特化しインテリアを楽しみ暮らすためのサービスです。
サービスの中には、モノを提供する。
それだけではなくプロへ相談し、アドバイスしながら提案するというカスタマイズされたサービスがあります。
どちらも核となっているのがエスノグラフィーです。

モノを提供する場合もセミオーダー的に視覚に訴えかけたインテリアデザインスタイルへ落とし込み商品を提供します。

アドバイスをしてインテリアを提供するサービスは、暮らし手を知り、その人のために創り上げます。
調査をし、その人のプロファイリングを作成することから始まります。

実はこの調査が、エスノグラフィーになります。

リノベーションのための完成図を作成する前段階に調査の整理、優先順位、アイデア、デザインへ落とし込みます。
この調査内容から具現化するまでの計画がデザインだと思います。

唯一無二の住み手のための住み手のインテリアを創ることが、暮らしを豊かにしてくれるのではないでしょうか?

私自身は、当然のようにこのように調査をすることから始まり、デザインを見える化してきていたのですが、エスノグラフィーという言葉を知ったのが数年前でした。
「文化人類学」その人の暮らしに文化、様式がありその人が豊かに暮らすためのデザインがあるってことでしょうね。

難しいことは考えずにもっと楽しく暮らすための家づくりは、自分自身をより豊かに美しくなることじゃないかな?と思っています。

コメントを残す